カンボジアの観光地

◆アンコールワットツアー

  1. 大回りコース(プレアカン、ネアックポアン、タソム、プレループ、メイボン) お一人様 35ドル
  2. 小回りコース(アンコールワット、アンコールトム、像のテラス、タプローム、バンテアイクデイ、スラスラン、トマノン、チャウサイテボーダ) お一人様 25ドル

◆ベンメリアツアー

 お一人様 35ドル

◆バンテアイスレイツアー

 お一人様 25ドル

◆クバールスピアンツアー

 お一人様 45ドル

◆プノンクレーンツアー

 お一人様 55ドル

◆ロリュオス遺跡群ツアー(ロレイ、プレアコー、バコン)

 お一人様 20ドル

 

◆大人数ツアー(5人以上)

 ※5人以上ならこちらがおすすめ

  1. 大回りコース(プレアカン、ネアックポアン、タソム、プレループ、メイボン)お一人様 15ドル
  2. 小回りコース(アンコールワット、アンコールトム、像のテラス、タプローム、バンテアイクデイ、スラスラン、トマノン、チャウサイテボーダ) お一人様 10ドル

◆3ヶ所ツアー

・バンテアイスレイ、ベンメリアツアー、クバールスピアン

お一人様 40ドル

・ベンメリア、コウケイ、プレアビヒア

お一人様 200ドル

 

 

すべて朝食、入場券込みのお値段です。

 

 

 

水上村(フローティング・ビレッジ)

トンレサップ(Tonlé Sap、បឹងទន្លេសាប)は、カンボジアに位置する湖であり、河系と結びついている。インド亜大陸とアジア大陸の衝突によって引き起こされた地質学的な緊張による沈下のために形成された堰き止め湖で、東南アジア最大の湖。クメール語で巨大な淡水湖 (sap) と川 (tonlé) という意味がある。世界最大規模で水上生活者が生活しており、形状はひょうたん形である。車で約25分。片道US$20(船代込、二人以上でUS$15/人)


tonle sab lake tour  half day sightseeing floating village ridding boat & to see sunset central of the lake , one person only 20$ two person up only 15$ for one person and transportation by car one car is 20$

Angkor travelingtour

プ レア・ヴィヘア

プ レア・ヴィヘア寺院カンボジアとタイの国境付近に建つプレア・ヴィヘア寺院は、シヴァ神に捧げられたヒンドゥー教寺院。9世紀に聖者の隠遁地があった場所 に、11世紀初頭に創建されて以降、アンコール朝の重要な聖地の一つとなった。建物は、広大なカンボジア平原と山岳部を見下ろす高さ547mの崖の上にあ り、約800mの舗装路と階段で南北に一直線で結ばれている。この寺院は断崖上という立地条件や周囲の自然環境と融合した宗教施設としてクメール建築の代 表作の一つで、石造彫刻装飾の質の高さも他に類を見ない。1970年代からのカンボジア内戦時には閉鎖されていたが、僻地にあったために破壊を免れ、保存 状態は良好。当時の建築水準の高さを今に伝えている.we need to spend one day tour to get there by car to start at 7:00am ~`6:00pm .siem reap phrea vihear3h for car is 250$   Including temple ticket but the mountain climbing truck pay yourself .

ベンメリア(ប្រាសាទបឹងមាលា Beng Mealea 蓮池の意味)

アンコール・ワットから約40km東方の森の中にある寺院で世界遺産であるアンコール遺跡群のひとつ。現在も修復が施されないままに放置され、崩壊が激しい。アンコール・ワットとの類似点が多く「東のアンコール・ワット」とも称されている。アンコール・ワットに先立ち、そのモデルとして計画されたといわれおり、ヒンズー教寺院として建造されたが、仏教のモチーフをあしらった彫刻が多く確認できる。全貌が明らかになればアンコール・ワットを凌ぐといわれるほどの規模を持つと推測されている。車で約90分程かかる。片道US$70(入場料込)。カンボジア特有の高床式建設物の写真など希望がある場合は、帰路で対応可です。

Angkor Wat, the largest monument of the Angkor group and the best preserved, is an architectural masterpiece. Its perfection in composition, balance, proportions, relief's and sculpture make it one of the finest monuments in the world. Wat is the Khmer name for temple (the French spelling is "vat "), which was probably added to "Angkor "when it became a Theravada Buddhist monument, most likely in the sixteenth century. After 1432 when the capital moved to Phnom Penh, Angkor Wat was cared for by Buddhist monks. It is generally accepted that Angkor Wat was a funerary temple for King Suryavarman II and oriented to the west to conform to the symbolism between the setting sun and death. The bas-reliefs, designed for viewing from left to right in the order of Hindu funereal ritual, support this function.

Ta Prohm was built during the reign of Jayavarman VII, a great king who reconquered the Khmer empire from Cham invaders in the years 1177-1181ancient capital of Angkor.  private tour around angkor , bayon ,taphrom  area by car taxi one 35$ for one car .

phnom kulen

  THREE DAY TOUR 

  • アンコール・トム
  • タープロム
  • アンコール・ワットで あさひにみる
  • アンコール・ワット
  • アプサラディナーショー

this is khmer's house art more than last time , maybe 3% of cambodia people is fishing men so their living life on the floating hose.                                             the full day of them are life on the water .

this is travelling all of visitor ridding boat around floating village,in siem reap city .   well!! we can get one boat to go around this village that for one person is 20$ two  person 15$ including water .

this is action floating road in siem reap city on 2008 of year ,on the road fully of the water near old market .

             Preah Khan

バンテアイ・スレイ (Banteay Srei) はカンボジアにあるアンコール遺跡の一つ。ヒンドゥー教の寺院遺跡でアンコール・ワットの北東部に位置する。バンテアイは砦、スレイは女で、「女の砦」を意味する。大部分が赤い砂岩により建造されている。規模こそ小さいが、精巧で深くほられた美しい彫刻が全面に施されている。この為、観光客から大変な人気があり、「アンコール美術の至宝」と賞賛されている。中でもデヴァターの彫像は「東洋のモナリザ」とも呼ばれている。967年、ラージェンドラヴァルマン王が臨席する下で着工式が行われ、息子のジャヤーヴァルマン5世の代に完成する。建立は、近くの土地を領し王師を務めていたヤジュニャヴラーハが行った。アンコール朝の衰退に伴い忘れ去られていたが、1914年に再発見される。1923年にはフランス人のアンドレ・マルローがデヴァター像を盗み出して逮捕され、注目を集めた。マルローは後にこの体験を基に小説『王道』を記している。寺院はラテライトと紅い砂岩で築かれている。外周壁の塔門をくぐり75mの参道を進むと、第一周壁とその塔門に着く。周壁はラテライトで築かれ南北94m東西109mあり濠を囲んでいる。塔門をくぐり土を盛った橋を渡ると、第二周壁とその塔門があり、正面に祠が見え始める。塔門をくぐると次は左右にリンガが並んだ参道を進み、第三周壁の塔門に入ると、中には刻まれた碑文が見られる。それを抜けると中央祠堂の前室に至る。ここまでの塔門は、中央に近づく程に間口と高さを狭めており、遠近により狭い寺院を広く見せている。 車で約40分。片道US$40(車)、US$30(トゥクトゥク)

Neak Pean Temple

Neak Pean is a tiny temple built during the reign of King Jayavarman VII, an energetic king who ruled in the late 12th century . the one year fully of water serounded The King ordered the construction of a vast baray (reservoir) east of Preah Khan temple possibly to provide water to its hundred-thousand support workers. Stretching a half kilometer by 900 meters, the artificial lake (known as the Jayatataka) stored millions of cubic meters of water to irrigate the rice fields during the dry season. Neak Pean sits at the center of the reservoir.

プレー ・ カーン